描くコト 紡ぐコト

描く。紡ぐ。奏でる。遊ぶ。寝る。食べる。 時々、怠ける。 うそ。ほとんど怠けてるかも笑。 イラストレーターのタカタカヲリです。

タグ:練習用

こんにちは、イラストレーターのタカタカヲリです。
                                                     http://www.kawori.biz/

今週半ば、「子どもの本の画家たち展」が盛況のうちに終わりました。
おかげさまで、出展した2点の絵と2つのこけしは、お嫁入りすることができました。
たくさんの方に来ていただきました。本当にありがとうございました。

そして、もう1つのチャリティ展覧会が、今日から始まります。

イメージ 1

『震災で消えた小さな命展http://www.chiisanainochi.com/index.html
 第1会場:名古屋 尼ケ坂ギャラリー http://www.amagasaka.com/index.html

「3月11日の大震災で犠牲になった多くの命の中に、家族同様の動物たちの命もありました。
亡くした動物たちを描いてほしいという、被災者の方からの申し込みを受け、
絵本作家・イラストレーター・画家が絵にしました。」

この展覧会の代表である うささんは、
動物たちを亡くされた飼い主さん達を実際に訪ね歩いて、
ひとり一人の言葉を、拾い集められました。

ワタシは、老齢のご夫婦が飼っていた、つがいのセキセイインコを描かせて頂きました。
お二人は何度も何度も「自分たちだけが助かってしまった」と
お話されていたそうです。

お二人のそばで、二羽のインコたちは幸せに過ごしていたに違いない。
そのあたたかな思い出を、せめて絵で表現できれば、 そう思いながら、描きました。

全ての会場での展示が終わったあと、
この絵は、ご夫婦の元に贈られることになっています。

イメージ 2

こんにちは、イラストレーターのタカタカヲリです。

先日のブログで告知させていただいたチャリティバザー、『くじけないで子どもたち!』
第1回目が大盛況のうちに終了しました。
たくさんの方のお気持ちにより、支援金総額が\3,947,353となりました。
ご来場くださった皆さま、どうもありがとうございました!

第2回目が、今週末に『ふじみ幼稚園』(東急東横線綱島駅)で開催されます。
こちらでは、かわいいぬいぐるみが、お手頃価格でたくさん提供されるようです。
もちろん、サイン入り書籍や原画もたくさん!
渋谷から20分、都内からもそんなに遠くありません。たくさんの方のご来場をお待ちしています。

詳しくはコチラ→http://www.will-cefi.com/

※そして『夢見る大人のWEB MAGAZINE 茶柱横町』アップしていただきました。こちらもぜひ。
「いつも心におてんとさま」http://p.tl/ILCV 

あの日を境に、人生が大きくかわってしまわれた方たちに、
平穏な日々が訪れることを願ってやみません。

こんにちは、イラストレーターのタカタカヲリです。

11日に起きました東日本大震災の被害が、ますます甚大になっています。
最新ニュースは、ただただ大きくなっていく被害状況を伝えるだけ。

自然の猛威の前には、小さくて弱いワタシ達。
ただ、祈るだけしかできませんが、頭をたれて祈る、というコトが
この世で一番尊いコトのようにも思えます。

一人でも多くの方のご無事を願ってやみません。

被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申し上げると共に、
犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

こんにちは、イラストレーターのタカタカヲリです。

今年も、残すところあと1日。
ワタシは先ほど、やっと年賀状を仕上げました。汗汗汗

イメージ 1


さて、来年に向けて。
アリガタイ事に、企画展、グループ展のお誘いを3つほど頂いています。

仕事で描く絵とは違って、全く自由に描くことができる展覧会用の絵。
今描きたいモチーフは何なのか、どんな線や色がワタシにとって新しいのか、
自分をみつめる良いキッカケになります。

何の制約もないということは、
だだっぴろい広場にひとり取り残されたような心細さもあるんですが。
でも、その『ひとりぼっち』が、絵を描くにあたって、とても大事なことのように思います。
また日にちが近づいたら、コチラで告知しますので、よろしくおねがいします。

それから、新年1日より、ウェブマガジンに仲間入りをさせて頂きます。

『夢見る大人のWeb Magazine 茶柱横町』
こちらの方も、合わせて、ぜひ。

それではみなさま、良いお年をお迎えくださいますように!

https://illustration.blogmura.com/ ←ランキングに参加してます。良ければクリックお願いします。

やっと!挿し絵の仕事をさせて頂いた本が完成しました。
日記にも書きましたが、7月に怒濤の日々を過ごした“あの仕事”です。

イメージ 1


本の内容については、出版社のサイトや著者の森藤ゆかりさんのブログに詳しく記されているので、
ここでは詳しくは書きませんが・・・。

 総合出版すばる舎 http://www.subarusya.jp/mamonaku.html
 森藤ゆかりさん運営のサイト&ブログ http://www2.netwave.or.jp/~rikuta/

著者の森藤さんは、ご自身は英語が苦手ながらも英語育児に挑戦し、
現在12才のお子さんをバイリンガルに育てた経験の持ち主。
その実践法が話題になり「カリスマ英語子育てママ」としてメディア等にも取り上げられています。
ご自身が運営する英語子育てコミュニティサイト「R-Train」は、
のべ450万件のアクセス数を超える人気で、
今回の本は、英語力のベースはまず国語力から!の視点で執筆なさった本です。

考えたこと思ったことを、自分なりの表現で文章に表す、というコトはとても大切なこと。
でも、文章を書くのがニガテというお子さん方は少なくありません。
うちの子もご多分に漏れず、そういう質です。
日記や読書感想文など、どれだけ苦労してきたことか・・・(私が!笑)

子どもが“文章を書く”初めての経験が、小学校での作文や日記だったりが多いと思うんですが、
コレが文章嫌いにさせてしまう原因の一つなのかもしれません。

でも、大好きな人と楽しくおしゃべりしながら、形式にとらわれず伝えたいことを
伸び伸びと書くことが最初の経験なら・・・
あくまでも『文章を書ける子にする』ための家庭学習本なのですが、
親子でふれ合い、たくさんおしゃべりをして、楽しい時間を共有することが大切だと
綴られている一冊です。

       子どもとのおしゃべりのきっかけになる「文字のない絵本」が付録についてます。
イメージ 2


       本文中のイラストも描かせていただきました。
イメージ 3

実際に書店に並ぶのは、20日前後だと思われます。見かけたら、お手に取って見てみてくださいね。
(で、買ってくださったらもっと嬉しいなぁ・・・)

↑このページのトップヘ